Iphone修理を決意した理由について

主人が昨年の12月にIphone本体を水没させたことをきっかけに、新たに本体機器を購入しなければいけないと考えていましたが、Iphone修理を製造メーカーに依頼することによって、再び使用することができるかもしれないと、通信会社のスタッフの方からアドバイスをもらうことができたため、一度Iphone修理依頼を行うことにしました。
通信会社の保険プランに加入していなければ、Iphone修理依頼を行わずに新しい本体機器の契約を行なっていた気がしますが、主人や私は長年の間契約し続ける通信会社の保険プランに加入し続けていたため、修理したいと自然に思うことができました。
新たに新しい本体機器を契約するより、自費で多少の修理費用を支払った方が経済的な打撃を少しでも避けることができると私たち夫婦は判断しました。
思っていた通り自費で多少の修理費用が必要になりましたが、保険金で一部の費用を賄うことができたため、私たち夫婦の決断は正しかったと改めて思います。

Copyright(c) Iphone修理 All Rights Reserved.